日本薬学会中国四国支部 トップページ

お知らせ

支部長挨拶

2021年度日本薬学会中国四国支部

支部長 佐野 茂樹(徳島大学大学院医歯薬学研究部)

 日本薬学会中国四国支部の会員の皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
 この度、支部活動を鋭意牽引してこられました前支部長・葛原隆先生(徳島文理大学)の後任として、2021年度の支部長を務めさせていただくことになりました。微力ではございますが、日本薬学会中国四国支部のさらなる発展のために一意専心努めてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。
 さて、日本薬学会中国四国支部の正会員数は1,277名(2020年1月31日現在)で、内訳を見ますと一般会員1,005名(78.7%)、学生会員272名(21.3%)となっています。他の7支部の正会員数に占める学生会員数の割合は12.5%から18.2%ですので、中国四国支部の学生会員比率の高さをお分かりいただけるかと存じます。次世代を担う学生会員の獲得は支部活動における重要な課題の一つですが、日本薬剤師会、日本病院薬剤師会、日本薬学会の各中国四国支部が緊密に連携して開催しております学術大会での、「口頭発表形式を主体とする一般講演(薬学会)の実施」や「学生発表奨励賞の創設」、「高校生オープン学会の開催」といった取り組みの成果の現れかと推察しております。
2021年度の第60回中国四国支部学術大会は、愛媛県病院薬剤師会会長の浅川隆重先生(済生会西条病院)を実行委員長として、2021年10月23日(土)・24日(日)の2日間、愛媛県松山市で開催いたします。新型コロナウイルス感染症の影響下にありましては、学術大会の開催方法等に不確定な要素もございますが、学術大会の開催情報は日本薬学会中国四国支部のホームページにて随時お知らせする予定です。なお、節目となります第60回の支部学術大会は「薬学から臨床への躍動−地域に根差した愛ある医療を−」をテーマとして掲げ、中国四国支部の大きな特色であります「薬・薬・薬連携」への取り組みをさらに進める一助になればと考えている次第です。つきましては、大学、医療現場、製薬企業、行政など幅広い分野でご活躍の多くの皆様方の、支部学術大会への積極的なご参加をお待ちしております。
 加えて、中国四国支部では支部活動の活性化のために毎年2回の支部例会を開催しておりますが、2021年度は、就実大学のご担当による第144回支部例会を2021年6月に、福山大学のご担当による第145回支部例会を2022年1月に開催いたしますので、ご参加いただけますと幸いです。また、外国人研究者招聘による学術講演や日本人若手研究者の特別講演への支援とともに、支部奨励賞ならびに支部功労賞、学生発表奨励賞、高校生オープン学会優秀発表賞の授与も例年どおりに実施いたしますので、奮ってご応募ください。
 2021年度も昨年度に引き続き新型コロナウイルス感染症の感染拡大状況等を踏まえて支部活動を進めることになりますが、支部会員の皆様におかれましては日本薬学会中国四国支部の現状につきましてご理解いただき、なお一層のご支援とご協力を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。
 

更新情報

2021-10-09
2021年度 日本薬学会中国四国支部 学生奨励発表賞の募集要項・推薦書を各種申請書ページに掲載しました。
2021-08-10
第60回日本薬学会・日本薬剤師会・日本病院薬剤師会 中国四国支部学術大会の完全WEB開催への移行についての情報を掲載しました。
2021-06-18
功労賞・奨励賞情報を更新しました。
2021-06-14
第60回 支部学術大会における高校生オープン学会は中止といたしました。
2021-05-12
第144回 日本薬学会中国四国支部例会のWEB開催について
2021-04-19
第60回 学術大会では「市民公開講座」は開催しないことを、実行委員会で決定いたしました。
2021-04-07
支部学術大会ホームページURLのリンク掲載しました。
2021-03-04
各種申請書のページに、2021年度支部功労賞及び支部奨励賞の募集要項並びに推薦書様式を掲載しました。
2021-02-22
支部ホームページを更新しました。
2021-1-25
学生発表奨励賞のページを更新しました。
2020-12-24
第143回日本薬学会中国四国支部例会 WEB開催について。
2020-10-28
高校生オープン学会のページを更新しました。
2020-10-27
各種申請書のページを更新しました。
2020-06-26
功労賞・奨励賞情報を更新しました。
2020-02-13
支部ホームページを更新しました。
 
ページのトップへ戻る