日本薬学会中国四国支部 トップページ

お知らせ

2019-03-15

支部例会情報を更新しました。

支部長挨拶

2019年度日本薬学会中国四国支部

支部長 高野 幹久 (広島大学)

 この度、前任の坪井 誠二 先生(就実大学薬学部)の後を受け、2019年度の日本薬学会中国四国支部 支部長を拝命いたしました。宜しくお願い申し上げます。

 日本薬学会中国四国支部の特色ある活動として第一に挙げられることは、日本薬剤師会、日本病院薬剤師会の各中国四国支部と共催して、つまり国民の健康に貢献する三団体が連携していわゆる「薬・薬・薬 連携」の『支部学術大会』を開催していることです。この『支部学術大会』は、各支部会員のみならず学生にとっても、生涯にわたって自ら学ぶ姿勢の重要性に気付きを与える良い機会であります。また、大会での発表・討論を通じて、問題解決能力やプレゼンテーション能力を培う場としても活用いただければと思います。さらに、広く高校生に科学への興味を持ってもらうきっかけになればと考え、高校生が研究発表をする「高校生オープン学会」を支部学術大会の中で開催しています。
 今年度(2019年度)の第58回中国四国支部学術大会は、香川大学医学部附属病院 教授・薬剤部長 芳地 一 先生を実行委員長として11月9日(土)~10日(日)の2日間、高松市(サンポートホール高松、かがわ国際会議場)において開催致します。大学、医療現場、製薬企業、行政など幅広い分野で薬学、医療、医薬に関わる多くの皆様方の支部学術大会への積極的なご参加をお願い致します。
 今年度もこれらの支部活動を会員の皆さまのご協力のもと、積極的に推進してまいりますので、支部会員の皆様におかれましては、ご理解とご支援を賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

更新情報

2019-03-15
支部例会情報を更新しました。
2019-03-03
特別講演会情報を更新しました。
2019-02-01
トップページを更新しました。
2019-02-02
ページを一部更新しました。
 
ページのトップへ戻る