学生優秀発表賞

日本薬学会北陸支部第129回例会 学生優秀発表賞受賞者(平成29年度)

平成29 年度日本薬学会北陸支部第129回例会で下記11 名の皆様が
学生優秀発表賞を受賞されました。
受賞者の皆様おめでとうございます。


部門A
堀江 哲寛(金沢大学)
「mTORC1によるSox9を介した骨格形成制御」
徳満 槙作(金沢大学)
「miR-222-3pによるヒト加水分解酵素AADACの発現制御」
丹野 優(富山大学)
「新規creatine transporterの輸送機能および発現局在解析」
牧 俊人(富山大学)
「新規痒み因子β2マイクログロブリンの発見と痒み発生機序」
楊 熙蒙(富山大学)
「DiosgeninによるHSC70の減少はアルツハイマー病の軸索萎縮と記憶障害を改善する」
渡邊 愛理(富山大学)
「DPP4阻害剤による脂肪組織の血管新生制御を介した肥満抑制効果の検討」


部門B
石井 卓也(金沢大学)
「シナジー型カルベン/パラジウム触媒系によるアルデヒドのC–Hベンジル化およびアリル化」
高橋 果菜恵(富山大学)
「Rh(II)触媒を用いるα-ジアゾ-β-ケトエステルの6員環オキソニウムイリド形成―[2,3]-シグマトロピー転位反応の開発」
松本 瑞希(金沢大学)
「銀(I)触媒によるジエン体の新規環化異性化反応とモノテルペノイドの合成」
由澤 敦史(富山大学)
「シクロデキストリンによる包接を利用した超耐光性蛍光色素の開発とその生体分子標識への応用」
伊藤 輝志(富山大学)
「分散液中の微粒子分散状態の可視化を目的とした新規MRI技術の構築」
(発表順)

 

  日本薬学会支部のホームページ                            ↑PAGETOP