学生優秀発表賞

日本薬学会北陸支部第133回例会 学生優秀発表賞受賞者(2021年度)

2021年度日本薬学会北陸支部第133回例会で下記の皆様が学生優秀発表賞を受賞されました。
受賞者の皆様おめでとうございます。


学士課程部門-領域1
篠原 那実(金沢大)
「ハマダラカ唾液タンパクを利用した新規抗血小板薬候補のスクリーニングに関する研究」
湯舟 香春(富山大)
「嗅覚系を介した食前後の脂質利用の調節機構とその生理的意義の解明」
森川 朋美(金沢大)
「薬物加水分解酵素AADACのPPARαを介した転写制御および脂質代謝に対する役割」
橋場 しおり(金沢大)
「3D培養ヒト初代腎近位尿細管上皮細胞RPTECの腎薬物代謝評価系としての有用性」


学士課程部門-領域2
日下部 真優(金沢大)
「N-ヘテロ環カルベン触媒を用いたアルケンのラジカルリレー型トリクロロメチルアシル化反応」
西沖 航平(富山大)
「In vivo イメージングへの適用を指向した新規ロタキサン型蛍光色素の開発」


大学院課程部門-領域1
三浦 基(富山大院)
「小胞体に発現する新規K+ポンプの生理機能解明」
桶川 晃(富山大院)
「肥満病態エネルギー代謝調節機構に対するペリサイトPDGFシグナルの重要性」
山田 果琳(富山大院)
「抗がん薬誘発機械的アロディニアに対するミロガバリンの有用性の検討」
齋藤 惇(金沢大院)
「急性社会的敗北ストレス負荷によるコカイン欲求増大におけるドパミン神経伝達の役割」
文 世杰(金沢大院)
「CD38 activation is involved in gouty inflammation in vitro」
Ka He(富山大院)
「Role of MHC class I recognition in regulating anti-tumor effector function of lung-tissue resident mature NK cells」
大澤 弘明(金沢大院)
「次世代型COVID-19 ワクチンの開発 -遺伝⼦組換えウイルスワクチンは⾼レベルでの中和抗体を誘導-」


大学院課程部門-領域2
Nur-Izni Binti Ramzi(金沢大院)
「Development of radioiodinated porphyrin derivatives for cancer theranostics」
山崎 萌(富山大院)
「アミロイドβ(16-22)ペプチドのアミロイド線維形成メカニズムの解明」


(発表順)

 

  日本薬学会支部のホームページ                            ↑PAGETOP